乗り降り記録ブログ[駅ログ]

全国の鉄道駅の乗り降り記録を綴ります

#3355 東淀川(2018.08.20)

JR総持寺から新大阪に向かう途中、これまで下車できそうでできなかった駅を訪ねることにしました。新大阪の一つ手前、東淀川です。

新幹線の発車時刻から逆算すると、あまり余裕はない感じになっていましたが、JR総持寺を発つ際に、その次が9分後に来ることは確認していたので、何とかなると考え敢行。東淀川での着・発は、16:27−36となりました。ちょうどいい塩梅です。

9分間あれば、いろいろとできそうですが、東淀川では次のようなテーマがあり、詰め込む感じに。新しくできつつある橋上駅舎の下見、駅舎リニューアル時に廃止される地下通路や現行駅舎などの見納め・撮り納め、同じく廃止となる「開かずの踏切」の現況観察・撮影... これらに加えて、Suicaでの出場&きっぷでの入場というのもありました。JR総持寺からの運賃は、東淀川も新大阪も同じ220円ですが、東淀川で下車すれば、東淀川〜新大阪の分が別にかかります。幸い、この時の新幹線のきっぷは「大阪市内→都区内」。市内の駅であれば、そこから使えます。そのメリット*1を活かすべく当駅で降りたという訳です。


↑ 踏切通過中の米原行き快速列車(新大阪16:28発)



↓ 東淀川駅を通過する網干行き快速列車(新大阪16:31着)

西明石行きを降り、ホーム北側を見れば「開かずの踏切」(北宮原踏切)。南側には、橋上駅の通路などがすでに姿を現し、完成が近いことがわかりました。閉鎖を控えた地下通路を通り、東出口へ。通路も駅舎も時代を感じさせるもので、駅のリニューアルが踏切対策(→参考のみならず、老朽化も背景にあることを実感するのでした。

廃止される踏切は、北側の北宮原踏切と、南側の南宮原踏切。東口の駅舎を出ると、北宮原踏切は目の前で、ちょうど遮断中でした。16時半過ぎ、特急「はるか」(数分遅れ?)が通過すると、踏切は半分開放。当踏切は、東の第1(21.4m)と西の第2(24.8m)に分かれていて、第1を開け、第2は閉じといった運用*2により、途中までは行けるようになっています。そんな驚きの光景も今秋*3に見納め。第1、第2ともに開いたところも含め、しっかり見物、撮影し、引き返しました。


↑ 第1踏切前のお知らせ。末尾には「廃止予定 平成30年末頃」とあります。



↓ 第1が開くも第2は遮断中




↑ 第1・第2ともに開放(16:33)


↓ 構内地下通路。橋上駅舎オープンにあわせて廃止され、上下ホーム間の移動は跨線橋で、駅の東西は橋上部分(改札外)に併設される自由通路で、という形に。







↑ 北宮原踏切を通る列車のシーンもこれで見納め...

16:36発の新三田行きで、新大阪へ。甲子園からの阪神→六甲ライナー→JR→阪急→JRの行程は、発着時刻の下調べがない中で臨んだ訳ですが、無事こなすことができました。新大阪での乗換時間は15分(16:38着−53発)・・・多少の余裕はありましたが、もしどこかで遅延などあったら、危なかったかも知れません。乗り降り旅は、定時運行あってのもの。そのありがたみを改めて実感した次第です。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 《続々 東京百景》…「第11回エッセイ・ブログ大賞」エントリー中(〜10/31) *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

*1:と言っても、東淀川〜新大阪の営業キロは0.7km。いざとなれば歩いて行ける距離です。

*2:途中開放時(向側閉鎖中)は、車の進入は禁止。

*3:JR西日本の9/19付リリース(→参考で、11/11未明の廃止が発表。

#3353+3354 総持寺&JR総持寺(2018.08.20)

この日の当初プランでは、阪急京都線JR京都線との間で、徒歩で乗り換え可能な駅をできるだけ訪ねるというのがありました。とは言え、これまでせっせとこなしてきただけあって、その観点で残っているのは、東向日⇔向日町と、今春新たに加わった選択肢、総持寺⇔JR総持寺の2パターンのみ。時間の都合で、さすがに京都府向日市まで足を運ぶのは厳しかったので、今回は新たな組み合わせで行くことにしました。

神崎川から十三に出た後、数分の乗り換えで特急に乗り、一気に茨木市へ。普通列車は、特急が出た1分後、隣のホームからの発車です。それでひと駅・・・総持寺には、神崎川を出た20分後、15:49に着きました。

JR総持寺の存在がなければ、おそらく後回しになっていたであろう阪急の総持寺駅。2面2線のシンプルな駅で、駅舎(西側)も至って簡素な印象を受けました。勾配の途中に建っているので、駅舎のタテ寸法が坂の上下で違うというのは、一つ特徴として挙げられると思います。

総持寺駅からJR総持寺駅までは約700m。その道中(府道126号)の中間地点付近に、地名、駅名の由来になっている総持寺への入口があります。境内までは150mほど。遮るものがないので、その山門を遠くに眺めることができます。一礼しつつ、西へ。府道とJR線が交差する地点=JR総持寺駅の入口まで来ましたが、コンコースはまだ先です。線路に沿って、100mほど。新駅に着きました。駅前の整備はこれからですが、駅舎の方は見事の一言。重厚感、風格を感じました。

おおさか東線衣摺加美北駅#3337と開業日は同じですが、いろいろな面で新駅ならではの要素を盛り込んだ感じのJR総持寺駅。「みどりの券売機プラス」、開口部の広いホームドア、広々としたホーム...総じて良質な駅だと思います。








↑ 駅名標はシンプル…東海道本線の駅で「JR」を冠する駅名は当駅が初


↓ 左が長浜行きの新快速、右が西明石行き普通(16:14発)

5分ほどホームで過ごし、16:14発の西明石行きに乗車。帰りの新幹線は、新大阪16:53発です。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 《続々 東京百景》…「第11回エッセイ・ブログ大賞」エントリー中(〜10/31) *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

#3351+3352 園田&神崎川(2018.08.20)

摂津本山から岡本に出て、「阪急阪神1dayパス」の阪急編を再開。特急で西宮北口まで行き、普通に乗り換え、神戸線の未乗降駅に向かいます。

時間があれば、西宮北口から今津線で宝塚方面に向かい、宝塚線の未乗降駅をメインにするプランもできたと思われますが、何だかんだで結構な時間になっていたので、控えめなプランに変更。園田、神崎川の順で、いつもの降り乗りです。

園田では15:06着−16発、神崎川では15:19着−29発で、滞在時間はいずれも10分。平日の10〜16時台は10分間隔で普通列車が来るので、程よい感じで駅周りの見物、撮影ができました。

園田駅は構内広めで、駅ビルと一体の高架駅のため、駅の規模としては大きい印象。その駅ビル「園田阪急プラザ」はどこか懐かしい雰囲気で、駅周辺も古き佳き佇まい。街としての歴史の深さを感じました。








↑ 園田15:16発、梅田行き普通列車


↓ 神崎川は15:19発…園田〜神崎川の駅間は3.1kmと離れているので、所要時間もやや長め

一方の神崎川駅は、神崎川に接する駅で、橋桁や護岸の高さの延長でホームが設けられた形の高架駅。園田と同じ高架駅でも、あくまで構造上の話で、駅舎の方は至って簡素・・・いい意味で古めかしさを感じる駅でした。

駅周辺は、東と西で異なる趣。改札に通じる東側は、密集した街並みなのに対し、西側は、阪急オアシスを軸にした新しい街が広がり、実に対照的でした。その東西を結ぶ道路は、駅構造の制約により、「桁下制限高」(ガード下の車高)が2.4mという低さ。いろいろ驚きのある神崎川駅でした。





↑ ホーム北側の様子。神崎川の南岸と接する立地上、氾濫時に備えた防潮扉が線路脇にあるのだとか。川を越えると兵庫県

朝の武庫之荘#3342、午後の園田、神崎川の乗降を以って、阪急神戸線の全駅をめでたく達成。この後は、時間が許す限りの未乗降駅めぐりになります。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 《続々 東京百景》…「第11回エッセイ・ブログ大賞」エントリー中(〜10/31) *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

#3339+3340 北巽&小路(2018.08.19)

千日前線の完乗を兼ねた乗り降りは、南巽を起点に18:30スタート。北巽、小路の順で、降車→改札OUT→地上→改札IN→乗車をそれぞれこなします。北巽では18:32着−39発、小路では18:41着−48発と、持ち時間は7分。決して短い時間ではありませんが、両駅とも、地上に出て周囲を見渡したらすぐに戻るという感じでした。




北巽は、駅前にバスターミナルがあり、13号、18号の2系統が発着します。バスで気ままな旅をする手もありましたが、この時はあくまで千日前線優先。暗くなる前にということもあり、先を急ぎました。




小路に着くと、まだ明るさは十分ながら、日が暮れてきた観もあって、そろそろ終了の様相に。千日前線14駅で、一日平均の乗降客数が最少の駅ということもあってか、付近にめぼしいものも見当たらず・・・早々と引き返す形になりました。

かくして、この日の大阪メトロ未乗降駅の探訪はここまで。小路での降り乗りを以って、千日前線も全駅達成となりました。大阪メトロ各線(南港ポートタウン線を除く)の未乗降駅は、谷町線長堀鶴見緑地線今里筋線が3駅ずつ、四つ橋線、中央線が2駅ずつで、計13駅。ゴールが見えてきた気がします。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 alphapolis ranking banner 《続々 東京百景》 鉄道コム > 鉄道ブログ

#3338 南巽(2018.08.19)

おおさか東線衣摺加美北駅が新たにできたことで、これまで縁遠かったエリアへの足がかりができました。それは千日前線のもう片方の終点、南巽を中心とした一帯。市営地下鉄時代、各路線にはそれなりに乗っていたものの、新深江南巽の延伸部分(1981年12月開業)はとんとご縁なく、今回が初めて。他社線の駅と離れていて、“降りて歩いて乗って”が成立しにくかったことも理由としては大きかったと思われます。

かくして、衣摺加美北南巽の徒歩移動に臨む訳ですが、歩く距離としては約1.8kmあり、決して近いとは言えません。直線状の道を、西、北、西と進めば着くので、迷う心配はなさそう・・・まずは西に向かって、歩き始めました。

比較的大きな商業施設の前まで来ると、バスの停留所が見えました。衣摺加美北駅周辺にバス停はなかったので何事かと思いましたが、そこにある以上、バスは来ます。系統は「30号」のみ。あべの橋が終点で、途中、「地下鉄南巽」を通ります。次は17:52発*1。3分も待てば来るタイミングでした。これは乗るしかありません。

「宇治・伏見1dayチケット(大阪地下鉄版)」は、地下鉄のほか、大阪シティバスも一部を除き有効。民営化後のバス初乗車は、こうして実現しました。

この時の停留所は「加美長沢住宅前」。衣摺加美北駅から西に約400mです。バスは平野区役所を起点に、渦を巻くような廻り方をして当停留所に来ます。17:52、定刻に乗車。5分ほどで、南巽駅の南側に着きました。乗った距離は約1.5km。大助かりです。

南巽駅前」交差点の一角に、なじみのチェーン店を見つけたので、そこでゆったり食事をしていたら、18時半近くに。この後の乗り降りの予定はそれほどなかったので、急ぐ必要はありませんでしたが、ホームに着くや18:30発が出るところで、それに飛び乗る感じになりました。千日前線の完乗を控え、発車前に記念の一枚を撮るはずが、これではどうしようもありません。という訳で、ホーム上での写真が撮れなかったため、駅の外で撮った2枚(駅前交差点、3号出入口)を載せることにします。


↑ 駅に向かう頃にはこの明るさ。乗り降り旅、そろそろ終了...



↓ 大阪市交通局時代の地下鉄マークがかすかに残る駅名看板(右)

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 alphapolis ranking banner 《続々 東京百景》 鉄道コム > 鉄道ブログ

*1:その次は18:50発。日曜・休日は、そのまた次の19:51発が最終です。本数は少なめ。

#3337 衣摺加美北(2018.08.19)

放出で、学研都市線松井山手行き)から、おおさか東線久宝寺行き)に乗り換え、向かった先は3月17日に開業した新駅「衣摺加美北(きずりかみきた)です。今回は、野江〜蒲生四丁目〜鴫野〜放出〜と、徒歩移動や大阪メトロを交え、複数回の乗り換えを経て移動している訳ですが、おおさか東線が延伸開業すれば、(新大阪発・久宝寺行きなどの場合)「JR野江」から一本に。ここまで時間をかけてきただけに、その短縮効果は大と言えるでしょう。

17:26に放出を出て、お目当ての衣摺加美北に着いたのは17:37。夏場とは言え、夏至から2か月ほど経っているので、確実に明るい時間に来るには、この列車は外せませんでした。普通列車は1時間に4本ベースなので、その次だと少し怪しい?…何はともあれ、鴫野であわただしく乗り換えた甲斐はありました。

ホームに降り立つと、それほど幅は広くない印象を受けました。一方で、安全対策やバリアフリー対応の方は万全。ホームドアはさすがにありませんが、内方線付き点状ブロックが設置され、そのブロックからホーム際までのスペースは広め。ホーム幅が狭く感じられたのは、黄色のブロックの位置を意識したためで、赤線が付されたホームの際まで目を向ければ、それなりの幅と言えそうです。




地上部のコンコースは、自然光が入る空間デザインになっていることもあり、明るく広い印象。改札外の柱には、ちょっとした趣向が凝らされ、駅舎外面も総じて美観。金属パネルと羽板を使った壁面が特に目を惹きます。

↓ コンコースと発車標。新駅であっても、発車標が最新式でないのは利用者数見合い?(列車は概ね15分間隔で運転)




↑ 駅周辺の地域性を鑑み、「モノづくりが紡ぐ歴史とまち」がテーマのデザインにしたとか(→参考

駅は、東大阪市衣摺、大阪市平野区加美北の両地区にかかる位置にできたことから、両地名をとって、5文字*1の駅名に。両市の架け橋になるようなイメージはありますが、行政区分の関係か、駅前を通るバス路線は見当たらず。バス停留所があってもおかしくない感じで、駅前広場が整備されていますが、まだ途上なのかも知れません。何はさておき、今後が楽しみな駅だと思います。

↓ こちらは、この日のJR西日本各線の乗り降り記録(券売機での履歴表示抜粋)…6駅とも初乗降!

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 alphapolis ranking banner 《続々 東京百景》 鉄道コム > 鉄道ブログ

*1:ICカードでの履歴表示・印字では、略して「衣摺北」の3文字。「加美」は加味されず...

#3335+3336 鴫野(2018.08.19)

17:13に蒲生四丁目を出て、隣の鴫野には17:15着。次に乗るべき列車は、JR学研都市線松井山手行きです。17:19発なので、乗換時間はわずか4分。地下鉄とJRとで鴫野駅は隣接しているので、何とかなるにはなったのですが、駅を見るなり撮るなりをしっかりやる上での余裕はほぼありませんでした。写真はここに載せた以外は、数枚程度といった状況です。





↑ 地下鉄鴫野駅2号出入口


↓ JR鴫野駅は2号出入口すぐ



鴫野でJRに乗ったのにはちょっとした理由があります。そのまま学研都市線沿線の旅に出るのであれば、そこまであわてる必要はなかった訳ですが、次の駅で乗り換えてとなると話は別。都市部でも本数がそれほど多くない線区というのはあるもので、その限られた列車をとにかくめざし、だったのです。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 alphapolis ranking banner 《続々 東京百景》 鉄道コム > 鉄道ブログ

#3334 蒲生四丁目(2018.08.19)

「宇治・伏見1dayチケット」京阪線の旅は、野江駅*1での下車を以って終了。次は、大阪メトロ編になります。

大阪市営地下鉄時代のラストは、だいどう豊里駅(#3167)での下車。2016年10月30日の話です。大阪市交通局からOsaka Metroに変わる前後に来ることはなかったので、新生メトロに乗るのはこの時が初。めざしたのは、野江駅の西側から1kmほどの蒲生四丁目駅です。市営納め→メトロ初めは、今里筋線つながりとなりました。

1dayチケットは、大阪シティバスも有効なので、京阪国道を通る系統にうまく乗れれば御の字でしたが、本数が少なく断念。徒歩で国道を南下し、交差点(蒲生4)に出る前に出入口を見つけ、改札に向かいました。いよいよ初メトロです。


↑ 蒲生四丁目駅6号出入口。今里筋線の上に位置します。

予め調べておいた時刻では、改札に来た時点=発車というタイミング。17:06発の今里行きに乗るつもりだったので、次の17:13発だと7分ずれることになります。結果的には、この列車でも次の行程につながったのでよかったのですが、大阪メトロの初乗車は、何ともあわただしい感じに。初とあらば、長めに乗ればいいものの、まずは一区間のみ・・・我ながらあきれる乗り降り旅なのでした。







↓ 大阪メトロ初乗車記念の一枚(乗車時はまだ余裕があった?)

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 alphapolis ranking banner 《続々 東京百景》 鉄道コム > 鉄道ブログ

*1:今回の乗り降りで、京阪本線での未乗降駅は西三荘、鳥羽街道の2駅に。両駅とも「宇治・伏見1dayチケット(大阪地下鉄版)」フリー区間の一つ外でした。含まれていれば、本線全駅達成できた可能性は大...

#3333 野江(2018.08.19)

この日お世話になった「宇治・伏見1dayチケット」は、大阪地下鉄版。通常版と違うのは、フリー区間が広く、大阪メトロ全線、宇治・伏見エリアに加え、大阪メトロと京阪との乗り換えが可能な区間も含まれる点です。淀屋橋中之島守口市がその区間。この範囲で残っていた未乗降駅は一つ・・・これまで何度か近くに来ながら下車が叶わなかった野江です。

着いたのは16:45頃。深草を出て、2時間近くが経っていますが、1dayチケットの利点を活かすべく、男山ケーブルの往復などもしていたため、この時間になりました。京橋まで特急、そこから一つの戻って野江*1。フリー区間ゆえに為せる行程で着きました。

複々線区間にあるので、構内が広いのは関目(#2572)、土居(#3163)などと同じ。三条方面の高架ホームを下りると、1か所ある改札にそのままアクセスする感じで、その改札を出ると駅の東西に抜けられるといった構造でした。出入口は東西それぞれにありますが、駅舎は西側。改札が西寄りのため、自ずとそちらに出る格好でした。これにて通算3333番目、達成です。

西にさらに進めば、谷町線野江内代駅に出ますが、2011年12月(→参考に来ているので今回はパス。大阪メトロの別のアクセス駅を探すなら、また違う方向になります。西側に何もなければ、すぐに反対側に向かうところでしたが、何もないということはありません。150mも歩けばJRの貨物線に行き当たり、来春にはそこに新駅「JR野江」が開業。見に行かない手はありません。

新駅設置は、城東貨物線一部区間の旅客化、即ち、おおさか東線の延伸(新大阪〜放出)に伴うもの。JR野江のほか、城北公園通、JR淡路、南吹田の4駅が新たに設けられ、学研都市線の既設駅である鴫野も、おおさか東線の駅として加わることになります。その新駅の一つがどんな状況になっているのか・・・野江に来たのは、このためと言ってもいいかも知れません。満を持してのタイミングだったことは確かです。

↓ JR野江駅(南側外観)。駅構造物はすでに出来上がった観がありましたが、駅名がわかる標示物はまだありませんでした。

開業したら、ぜひとも早いうちに訪ねようと思います。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 alphapolis ranking banner 《続々 東京百景》 鉄道コム > 鉄道ブログ

*1:樟葉16:16発→京橋16:37着−41発+α→野江

#3166+3167 井高野&だいどう豊里(2016.10.30)

関目高殿から谷町線太子橋今市に出て、そこから二度目の乗車となる今里筋線に乗り換え。前回は、太子橋今市#2570)から関目成育まで乗ったので、今回はその反対方向で、北の終点をめざすことにしました。

太子橋今市18:30発で、今里筋線の北端(かつ大阪市内の鉄道駅最北)、井高野に着いたのは18:38。終着駅なので、その先に通じる交通手段が何かしらありそうなのものですが、下調べが不十分だったこともあり、わからずじまい。駅前にバス停(地下鉄井高野)はあっても、阪急の相川駅前行きはすでに終わっていて、途方に暮れることになりました。(そのバス停から、北へしばらく歩くと、「北江口住宅前」というのがあり、上新庄などへ出るバスが走っていたのですが、その時は知らぬ存ぜぬでした。)




井高野駅周辺は、特ににぎわった感じがなく、全体的に暗め。長居するには及ばなかったものの、それなりに歩き回ったこともあり、井高野から引き返すべく乗った列車は19:01発でした。

帰りの新幹線は、新大阪20:03発。井高野と新大阪は、直線距離ではそう遠くないものの、鉄道で移動しようとすると、それなりに時間を要します。関目高殿井高野で想定外の時間を費やしてしまったため、これ以上の降り乗りは難しいと判断。一例として、今里筋線関目成育まで行き、関目から京阪に乗り、京橋に出て...などと順当にやっても、新幹線の時間にはおそらくギリギリ。どこかしらで、西へ向かうためのショートカットが必要な状況になっていたのです。

井高野を発つ前に、市バスの路線図を改札付近で見つけ、改めて確認したところ、二つ先のだいどう豊里から、阪急の上新庄駅に出るバスが通っていることがわかりました。ただし、いわゆる通信端末を持っていないため、バスの時刻は不明。祈る思いで、だいどう豊里で下車しました。




外に出るとすぐにバス停が見つかり、通過予定時刻を見ると...見事19:12発*1! だいどう豊里に着いたのが19:05だったので、実にいいタイミングでした。

かくして、救いのバス(86系統)に乗り、終点の上新庄駅前へ。阪急で上新庄→南方、御堂筋線西中島南方→新大阪というルートで、新大阪には19:42に到着。これを以って、「スルッとKANSAI 2dayチケット」使い納めとなりました。

終盤はドタバタでしたが、終わりよければ何とやら。無事、帰途につくことができました。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

*1:その次だと19:40。冷や汗ものです。