乗り降り記録ブログ[駅ログ]

全国の鉄道駅の乗り降り記録を綴ります

#3412 北新・松本大学前(2019.5.20)

新村では上りと下りの交換があったため、上り列車で松本方面に戻るとすると、まるまる運転間隔通りの時間を待つことに。次は約40分後ということになります。

窓口の営業時間も終わり、駅周辺で過ごすのも限度があるので、隣駅まで歩くことにしました。営業キロでは0.8kmと短距離なので、余裕です。

概ね線路に沿って道があり、総じて見通しも良好。西に東に山並みを見つつ、手塚牧場、新村ものぐさ自然公園といった当地らしいスポットを経由しながら東に進みます。ゆっくり歩いて10分ほどで、松本大学の西端に来ました。大学最寄りの北新・松本大学前駅は、そこから500mほど。遠くにホームは見えているものの、駅はキャンパスの東端側につき、易々とは着きません。思いがけず距離を感じる500mでした。

f:id:ekilog:20190524002713j:plain
北新・松本大学前駅ホーム。ホームは水田に面しています。

北新・松本大学前委託駅で、平日は窓口営業をしています(7:20~19:45)。学生の利用がある上でもっともな話で、駅の利用状況は新村に向かう際に確認済みでした。時間的に松本方面に乗る学生が多いのは承知していた訳ですが、駅に着いた時点では利用者ゼロ。これ幸いと、駅舎の内部などをじっくり撮ることができ、帰りのきっぷも悠々と買うことができました。

f:id:ekilog:20190524003015j:plain
北新・松本大学前駅外観

このまま閑散としたまま?と思っていたら、上り列車の発車10分前くらいに徐々に学生を中心に利用者が増。下り列車(16:17発)が来る頃にはそれなりの人出となり、上り列車到着時はさらに乗客が増え、驚くことになります。

f:id:ekilog:20190524003126j:plain
ホームは徐々に人出が増...

f:id:ekilog:20190524003517j:plain
入線する新島々行き列車。駅東側の北新停留所踏切は、かつて「電鐘式」(→参考)でした。

f:id:ekilog:20190524004157j:plain
松本行きは「モハ10形リバイバル塗装列車」

往路は楽々でしたが、復路の車内は結構な入り。上高地方面からの観光客も一定数乗っていたため、松本駅到着後のホームはさながらラッシュ状態でした。

という訳で、上高地線の行ったり来たりはこれにて終了。次は糸魚川から大糸線で南下する旅などを組み、一日乗車券で周遊しようと思います。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 《続々 東京百景》 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

#3411 新村(2019.5.20)

特急「あずさ」に50%割引の設定(→PDFが登場・・・これを逃す手はないので、E353系に乗って松本に行くことにしました。

松本に着いた日は、「信州花フェスタ2019」で主に過ごしたため、鉄道関係は2日目。と言っても、松本近辺での鉄道旅行はそれほど考えていなかったので、時間に余裕があればという程度でした。14時台後半に入ったところで、帰りの「あずさ30号」までの空き時間ができたので、アルピコ交通上高地線の行って戻ってを敢行。ひとまず、車庫のある駅をめざすことにしました。

松本15:26発の列車は、オレンジとグレーのモハ10形電車をモチーフにしたラッピング車両(→参考。往年の塗色ながら、なかなか色鮮やかで感服しました。加えて、「全国登山鉄道‰(パーミル)会」への加入を記念したヘッドマークが、4月20日から当編成を対象に掲出中。いいタイミングだったと思います。

上高地線に乗ったのは、はるか昔の話なので、実は憶えていません。バスで上高地に行った記憶はあるので、新島々までは乗っているはず(?)という推測レベルです。当時乗ったであろうモハ10形を模した列車に揺られ、全区間の半分ほど乗車。新村には15:40に着きました。

f:id:ekilog:20190521235116j:plain
新村駅の駅員さんとモハ10形リバイバル塗装列車

f:id:ekilog:20190522000223j:plain
松本行き列車(15:40発)。右は新村車両所。

この日は、アルピコ交通の乗務員制服が新デザインになった最初の日。きっぷを渡す際、駅員さんと制服リニューアルの件で少々話ができました。夏用のシャツのポイントは、縦のストライプ。前日までのシャツは白一色だったので、一大変化だと思いました。

新村駅の窓口営業時間は、7:20~15:50。時間内だったので、その駅員さんから記念きっぷを買うことに。改元記念のきっぷはさすがに売り切れていたので、鉄道むすめ「渕東なぎさ」の多彩なラインナップの中から、カラー硬券入場券を購入しました。

f:id:ekilog:20190522000701j:plain
新村駅外観

f:id:ekilog:20190522000815j:plain
元東急5000形5006号

車庫の方は、3000形1編成が待機中。特にめぼしいものはない印象でしたが、駅の外に出ると、懐かしの元東急5000形が留置されているのが目に留まり、大いに驚くことになります。劣化が進まないうちに何らかの手入れをして、然るべき静態保存をしてもらえればと思うのでした。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 《続々 東京百景》 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

#3410 田神(2019.3.20)

神宮前から乗った特急で、名鉄岐阜に到着(18:23着)。薄暗い時分でしたが、各務原線を軽く往復するくらいは可能と考え、手持ちの路線時刻表を見ながら行先を検討・・・新加納まで行くと5分で折り返し(18:40着-45発)という感じで何とかなった訳ですが、早めにホテルに戻ることを優先し、ひとまず隣駅まで行って引き返すプランにしました。

名鉄岐阜18:28発で、隣の田神には18:30着。市街地にある駅なので、照明の類が多く、駅周辺は比較的明るい印象でした。日中時間帯なら駅北側のマス目状の街路を散策するというのもできたと思いますが、さすがに暗くなってきたので断念。駅前見物にとどめ、18:37発の名鉄岐阜行きで帰りました。

f:id:ekilog:20190411235418j:plain
犬山行き普通列車(田神18:31発)

f:id:ekilog:20190411235541j:plain
田神駅外観。駅名看板に照明が付いていないため、中華チェーン店の店名サインが際立って見えます。

f:id:ekilog:20190411235940j:plain
田神駅ホーム。名鉄岐阜方面のホームは構内踏切を渡らないといけないため、早めに移動して待機。

フリーきっぷがある手前、改めて各務原線の旅というのも一応考えましたが、ホテルで一息ついてしまうと、億劫になるもの。「名鉄電車全線2DAYフリーきっぷ」を使っての乗り降り旅は、田神→名鉄岐阜を以って終了と相成りました。各務原線は未乗降の駅ばかりなので、また機会を設けて臨もうと思います。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 《続々 東京百景》 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

#3409 呼続(2019.3.20)

名鉄築港線9分間の旅を終えた後は、これといった予定は立てていなかったので、宿泊地の岐阜に戻る途中で降り乗りがいくつかできればといった感じでした。

大江~神宮前の間にある道徳、豊田本町、または、本線の山王まで行って、JRの尾頭橋に出てから枇杷島、さらには、須ヶ口名鉄一宮の間のめぼしい駅...いろいろ考えましたが、遅くなるとラッシュ時間帯に入ってしまうので、本線でそう遠くない駅にひとまず向かうことにしました。

駅のごく近くに、増水時に堤防の代わりとして使われる「陸閘門ゲート」が設置されていて、それが近々撤去される見込みとの記事(→参照を見て、その現場へ・・・向かったのは呼続駅です。

停車するのが普通列車のみのため、多少時間がかかり、着いたのは17:21。折り返しの神宮前方面は17:34発なので、閘門の見学時間は10分ほどです。

f:id:ekilog:20190409010354j:plain
東岡崎行き普通列車呼続17:21発)

f:id:ekilog:20190409010627j:plain
呼続駅ホーム北側。閘門が出てくる位置は、踏切と鉄橋の間です。

f:id:ekilog:20190409011008j:plain
呼続駅外観

ホーム北側に隣接する踏切と、山崎川の護岸の間にその閘門はありました。堤防よりも高い位置に名鉄の線路が通っていれば、こうした設備は要らないところ、堤防の隙間を線路が貫くような構造になっているため、閘門が設けられたとのこと。なかなかお目にかかれないものなので、じっくり見物、撮影し、駅に戻りました。

f:id:ekilog:20190409011221j:plain
山崎川鉄橋。橋桁は四つあり、北から順に番号が振られています。

f:id:ekilog:20190409011435j:plain
格納された状態の陸閘門ゲート。川が大幅に増水した時にはスライドし、線路を遮断する形になります。

f:id:ekilog:20190409011945j:plain
正面から見たゲート。ゲートのレールが線路と交差し、ダイヤモンドクロスを見ているようです。

f:id:ekilog:20190409012232j:plain
石川島播磨製のゲートは、長さ10.0m、重さ3.3トン。実に重厚です。

呼続から先は、神宮前17:38着-47発で名鉄岐阜行きの特急に乗車。暗くなってきたこともあり、そのまま終点まで行くことにしました。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 《続々 東京百景》 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

#3408 東名古屋港(2019.3.20)

名鉄築港線1.5kmの旅は、大江(16:44発)→東名古屋港(16:47着)、東名古屋港(16:50発)→大江(16:53着)の往復。乗車時間が3分なら、東名古屋港での滞在時間も3分で、満を持して臨んだ割には至って短時間でした。ともあれ、名鉄全路線の乗車はこれにて完了です。

f:id:ekilog:20190405235251j:plain
東名古屋港駅外観

f:id:ekilog:20190405235552j:plain
東名古屋港駅は無人駅。改札は大江駅にあります。和田岬線(→参考)と同じスタイルです。

f:id:ekilog:20190406000407j:plain
東名古屋港駅ホーム。大江→東名古屋港は乗客少なめでしたが、東名古屋港からの乗客はそれなり。通勤専用路線の特徴と言えます。

f:id:ekilog:20190406001328j:plain
東名古屋港駅の西側。引込線が延々と続き、名古屋港(大江埠頭)に通じています。

途中、貨物駅の名電築港駅付近を通過しますが、そこには3月18日に廃車回送された「パノラマスーパー」(1030系1131編成)の姿が。すでに編成は分割され、寂寥感漂う状態になっていました。こうした車両が見られるのも築港線ならではと言えますが、同じ見るなら新車両の方がいい気もします。

f:id:ekilog:20190406001912j:plain
名電築港駅付近に並ぶ「パノラマスーパー」(原色)

名古屋臨海鉄道東築線との平面交差も、築港線のポイントの一つ。大江に戻る際は、1131編成を見送りつつ、その交差部分通過時の独特の音をしっかり耳にし、その振動を体感・・・印象深いものがありました。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 《続々 東京百景》 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

#3407 大江(2019.3.20)

朝倉から特急に乗り、太田川へ。太田川で急行に乗り換えたら、それで次の停車駅まで・・・16:17、大江に着きました。

大江からは、名鉄築港線に乗ります。この一路線・一区間名鉄で残った最後の未乗区間。余裕を以っての到着となりました。

f:id:ekilog:20190403223400j:plain
新鵜沼行き急行(大江16:17発)

f:id:ekilog:20190403223849j:plain
5番線に停車中の築港線5000系

築港線の定期列車(大江発)は、7~8時台に平日8本、土・休日5本、夕・夜時間帯が平日12本、土曜7本、休日3本と限定的。この日は水曜だったので本数は多い方ですが、夕時間帯最初は16:44までありません。とりあえず築港線の番線に向かうと、連絡通路上に専用改札口が現われ、そこで足止め。16:20頃でしたが、チェーンで遮る形になっていて、まだ通れなかったのでした。発車まで時間はあるので、駅の外へ。駅舎と駅周辺を眺めてから、再び築港線(5番線)に向かいました。今度は専用改札口もオープン。フリーきっぷを投じ、専用ホームをめざしました。

f:id:ekilog:20190403224742j:plain
オープン前の専用改札口

f:id:ekilog:20190403224919j:plain
大江駅の駅舎。2004年12月竣工ということで、比較的新しい駅舎です。

f:id:ekilog:20190403225115j:plain
オープン後の専用改札口。「東名古屋港駅の出場用改札口」となっているのがポイント。

築港線ホームには限られた時間しか入れないことがわかったので、まずはホームを隅々まで見物。駅名標をはじめ、撮れるものは撮り、5000系車両の方も端から端まで押さえることができました。ホームで15分ほど過ごし、列車は定刻に発車。隣駅まで乗れば、名鉄完乗となります。

f:id:ekilog:20190403225633j:plain
大江駅5番線(駅名標築港線時刻表など)

f:id:ekilog:20190403225841j:plain
築港線5000系。4両編成の列車が大江~東名古屋港を往復。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 《続々 東京百景》 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

#3405+3406 新舞子&朝倉(2019.3.20)

名鉄の未乗区間ラストに向かう前に、これまで下車した駅が至って少なかった路線を往復することにしました。常滑線です。

同線で降り乗りしたことがあるのは、太田川#2935尾張横須賀#2938常滑#2937の3駅のみ。特急が停まる駅はこの他にもありますが、なかなか機会がなく、今回ようやくとなりました。

猿投から知立、神宮前と戻ると、いいタイミングで中部国際空港行きの特急が来ました。神宮前14:07発で、とりあえず終点まで。前回訪ねた時#2936は、空港の方には立ち寄れなかったので、この日は空港見学の時間を設け、スカイデッキで離発着の様子を見たりしました。過ごした時間は40分ほど(14:36着-15:17発)。空港は多々見どころがあり、時間的に十分とは言えませんでしたが、この後の行程を考えると致し方ありません。予定通り、特急停車駅の降り乗りに臨みました。

めざしたのは新舞子と朝倉。新舞子では15:26着-34発、朝倉では15:40着-16:02発とバラつきがありましたが、普通列車を使わないパターンだとこうした間隔になります。新舞子までは特急、新舞子→朝倉は準急、朝倉からは特急に乗車。急行・準急の停車駅もという思いはありましたが、それほど本数がある訳ではないので見送り、未乗区間の起点駅へ急ぐことにしました。

f:id:ekilog:20190331232317j:plain
名鉄岐阜行き特急(新舞子15:27発)

f:id:ekilog:20190331232701j:plain
屋根のデザインが特徴的な新舞子駅の東口駅舎


f:id:ekilog:20190331233104j:plain
新可児行き準急(朝倉15:40発)

f:id:ekilog:20190331233330j:plain
知多市の中心地にある朝倉駅。高架駅のため見晴らしはよく、駅周りも広々としていました。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 《続々 東京百景》 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

#3404 猿投(2019.3.20)

2018年に続き、名鉄観光の「でんしゃ旅 新春謝恩プラン」を組み入れた旅に出ました。「名鉄電車全線2DAYフリーきっぷ」が物を言う訳ですが、名鉄の乗り降りを集中的にこなす旅を2014、2015、2018と続けてきたため、めぼしいところは大方カバー。今回は例年に比べるとスローな感じになりました。

1日目は未乗降駅を訪ねる使い方はしなかったため、話は2日目。名鉄の全路線完乗を優先することにし、その一つである三河線(山線側)の末端区間をめざしました。

起点は名鉄岐阜。神宮前、知立と乗り換え、12:05の猿投行きに乗りました。知立豊田市~梅坪は乗車済みだったので、未乗区間は梅坪~猿投。営業キロ4.2kmと短距離ながら、高架あり、カーブありと変化に富み、沿線風景も多様でした。ローカル区間ではありますが、それなりに建て込んでいて、終点の猿投駅も(予想に反して?)鄙びた印象はありませんでした。

f:id:ekilog:20190329003747j:plain



f:id:ekilog:20190329003935j:plain


f:id:ekilog:20190329004130j:plain

猿投での滞在は、12:39着-13:01発の20分余り。時間はありましたが、駅周りにこれといったものは見当たらず、かと言って西中金までかつて延びていた線路跡を辿るほどの余裕はなし・・・結果、駅前と駅構内で主に過ごすことになりました。

何はともあれ、これで三河線は完乗。残る路線は一つ(一区間)です。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 《続々 東京百景》 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

#3402+3403 ジヤトコ前&比奈(2019.3.17)

岳南江尾からの帰り、まだ時間的余裕があったので、岳南電車の未乗降駅をいくつか。まず向かったのはジヤトコ前(ジヤトコ1地区前)です。

f:id:ekilog:20190325232705j:plain
8000形@ジヤトコ前駅

駅舎はなく、片面ホームだけの簡素な駅ですが、見晴らしも風通しも良好。「花咲く*ジヤトコ前駅プロジェクト」で植えられた芝桜がまた美しく、居心地のいい駅でした。

f:id:ekilog:20190325232928j:plain
ジヤトコ前駅駅名標など。ジヤトコのアルファベット表記はJATCOです。

f:id:ekilog:20190325233239j:plain
芝桜が美しいジヤトコ前駅。プロジェクトのロゴと同じヘッドマークが8000形に掲出されています。

ジヤトコ前での滞在は10分ほど(14:16着-29発)。次は岳南原田と岳南富士岡の間、比奈に行くことにしました。

f:id:ekilog:20190325233530j:plain
8000形@比奈駅岳南電車まつりのヘッドマーク(3.17)が取り外され、「かぐや富士」が表に。

比奈では14:38着-15:04発と少し長め。駅舎併設の鉄道グッズ店「フジドリームスタジオ501」が目に付いたので、ひとまずそこで時間を過ごすことにしたところ、これが実にディープで、長居する展開になりました。乗車券箱やダッチングマシンなど、昔ながらの品々が展示され、模型やグッズもレアな感じのものが充実。ジオラマも凝っていて、つい見入ってしまった次第です。

f:id:ekilog:20190325233822j:plain
比奈駅外観。フジドリームスタジオ501は、駅舎中央部にあります。

20分もあれば、普段なら駅周辺の散策に出るところですが、比奈駅ではその時間はなし。この日4度目の8000形に乗り、帰途についたのでした。

f:id:ekilog:20190325234407j:plain
15:04発、吉原行き。今回はこれにて終了。

その気になれば、残る未乗降駅(岳南原田、須津、神谷)を訪ねることもできましたが、この日はここまで。今度は、富士山がよく見える日に来ようと思います。

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 《続々 東京百景》 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ

#3401 岳南富士岡(2019.3.17)

岳南江尾まで乗車し、ひとまず岳南電車は完乗。次に向かったのは、「岳南電車まつり」のもう一つの会場駅、岳南富士岡です。

f:id:ekilog:20190323011908j:plain
8000形@岳南富士岡駅

着いたのは13:02。留置線を使った会場には、歴史的価値を感じる電気機関車が並び、ホームに居ながらにしてその姿を観賞できます。会場に入ったのは、ホームからそれらをしばらく眺めた後。会場では、ED291、ED403などを間近に見ることができました。ミニ遮断棒作り、犬釘打ち体験などのイベントもありましたが、今回は電気機関車の見物・撮影にとどめ、駅に戻ることに。13:12発の岳南江尾行きに間に合ったので、それで再び江尾会場に行くことにしました。

f:id:ekilog:20190323012342j:plain
ED403(左)、ED402(右)

f:id:ekilog:20190323012654j:plain
ED501(前)、ED402(後)

f:id:ekilog:20190323012848j:plain
趣のある岳南富士岡駅

f:id:ekilog:20190323013209j:plain
らくがきOKのED403

f:id:ekilog:20190323013409j:plain
7002号(左)、ワム貨車(右)

alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「二人のPartiton」用》 alphapolis ranking banner 《鉄道系短編小説「海線丘線」用》 [駅ログ]電網浮遊都市アルファポリス「blog」部門に登録中 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 《続々 東京百景》 *週に一度のクリック、よろしくお願いします。 鉄道コム > 鉄道ブログ